Snow Scupltures 严寒的哈尔滨 Bitter Harbin: Daniel Osborne, China – February 2019

十七个星期以后,终于我才放假。北京现在零下5度,所以人们建议我可能去比较暖和的地方,比如云南、香港或澳门。可是我却决定去更冷的地方:哈尔滨!我之所以去哈尔滨是因为每年从十二月到二月哈尔滨举行国际冰雪节,是在中国最厉害、最有名旅游胜地之一。 哈尔滨有坎坷的现代历史。1896年以前,只是一个很小的渔村。 可是第十九世纪末,俄罗斯工人开始建造跨西伯利亚铁路:在哈尔滨的铁路连接贝加尔湖和符拉迪沃斯托克。在日俄战争(1904-5年),哈尔滨是俄罗斯军事行动的基地。1917年,为了逃避俄罗斯改革,许多俄罗斯来到哈尔滨,因此当时哈尔滨有在苏联之外最多的俄罗斯人口。因此,在大街上俄式建筑触目皆是。比方说, 圣索菲亚教堂是城市里最大和最漂亮的教堂:它的深绿的穹顶真的让人吃惊:很容易想象站在莫斯科!我也尝了尝俄式食品, 比如罗宋汤,真的很好吃. 另外哈尔滨国际冰雪节是世界上最大的冰雪节。在1984年,第一个冰雪节,只吸引了中国人;可是那个时候以来,成为了国际的活动,吸引从天南地北的人。在2018年,一千八百万人来到哈尔滨。冰雪节由太阳岛和冰雪大世界组成。太阳岛具有各种各样的雪雕。虽然巨大,可细节非常精致。天黑了,我去冰雪大世界:拥有照明的全尺寸建筑,由直接从松花江锯开的2-3米厚冰块组成。建筑包括寺庙、大本钟和罗马圆形大剧场!虽然天气严寒所以我手机很快地没有电,但我还拍了几张照片:五颜六色的建筑和乌黑的天空的对比度真的很特殊。两三个小时以后,看到了几乎所有的冰雕,很想回宾馆:虽然我穿着三件毛衣、两件外套、四件长裤,可真的冷得要命! 在哈尔滨最可怜的是侵华日军第七三一部队遗址纪念馆。在第二世界大战,日本军队进行凶恶的实验:3000个中国人和敌人的士兵作为实验对象:科学家故意地使得俘虏人感染瘟疫、霍乱和炭疽了。一些更可怕的实验包括没有麻醉的活体解剖。看到了所有使用过的医疗设备、图片显示有最厉害的症状的俘虏以及目击者的叙述使得我非常感动。我也感到愤怒因为发现了很少进行这些实验的日本将军和士兵被绳之以法:美国战后的政府和日本政府订了一个密约,日本当事的豁免权作为对给美国实验结果的报答。 After seventeen weeks, I’m finally on holiday. It’s now -5 degrees in Beijing, so people recommended that I go to somewhere warmer like Yunnan, Hong Kong or Macao. But instead I decided to go somewhere even colder: Harbin! I decided to go because

Tagged with: , , , , ,
Posted in Monthly Reports
Megan Gouw: Valentines Day in Japan, February 2019

バレンタインデーin日本 2月といえばバレンタインデーだよね〜 イギリスでも、アメリカでも、バレンタインデーは2月14日で、恋人とお祝いする日だ(男の人のほうがなんか準備する気がするけど)。日本にもそうだが…どっかで、ハロウィンとクリスマスと同じように、欧米のイベントと変わった。 日本の2月14日のバレンタインデーは女の子が知っている男の子全員にチョコをあげる日だ。そのチョコはいろんな種類に分けている。本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、最近家族チョコでもあるらしい。そして、1ヶ月後、(3月14日)ホワイトデーという日に男性がチョコをくれた女の子にチョコやプレゼントをあげる。 これは、バレンタインデーを日本に輸入したときのCMの影響で、その日は女性が男性にチョコをあげる日と思わられていた。それで、(日本風に考えると)男の人がそれを返す日が必要だから、ホワイトデーが設けた。 ここで、いろんな種類があるから、あげるときに、ちゃんとどんな意味のチョコを言うべきだと言われている。だから、映画とかドラマでよく告白するために使われている。主人公の女の子が男性リードに本命チョコをあげることで、彼は彼女の気持ち(俺のこと好きだ)がわかるはずだ。これは、実際に起こるかどうかはわからない。でも2月に入ると、チョコの作るためのかわいい道具や材料が増え、高級チョコの売り上げを含めて、バレンタインデーが目立つ。 私もなんか作ろうと思っていて、100円ショップでかわいいチョコモールドとチョコを買って、作ってみた。子供たちはすっごく気になって、盛り上がっていたから、ちょっと邪魔していた。でも、可愛いからゆるしてあげた。 焼肉! ホストファミリーと一緒にバレンタインデーに焼肉を食べに行った。焼肉屋さんはアジアっぽいレストランのスタイルだと思う。焼肉屋ではテーブルで炭やガスのバーナーがあって、自分で肉(または魚、野菜など)を焼く。最近、韓国風の焼肉屋が増えつつあるが、スコットランドでこのスタイルのレストランはよく知られていないのが確か。欧米ではレストランに行って、チェフが美味しい料理をしてくれるのは一般的だが、こういうテーブルで料理するスタイルも楽しい。日本では、焼肉屋さんに行くとよく食べ放題や飲み放題にするけど、コース料理や単品もできる。今回はコース料理で、食べ放題よりクオリティがいい肉が出た。量も多くて、すっごく美味しかった。みんな、お腹いっぱくなって、幸せな気分で帰った。 雪! 東京では雪があまり降らないが、先週末に少し降った! その日は、もともと着物を着てみる予定だったが、着物は濡れてはいけないので雪のせいで延期された。それそれでも、私は寒い天気が好きで、特に雪が大好きだから、テンションが上がった。そんなに積もらなかったけど子供たちと一緒に家の前、雪で遊びに行った。小さい雪だるまを作って、雪投げもしてて、超楽しかった。でも、すぐに溶けて、次の日はもうなかった。   Valentine’s day in Japan The first thing you think of for february is Valentine’s day right? In the UK, America too, Valentine’s day (14th February) is a day to celebrate your significant other (though I get the feeling

Tagged with: , , , , ,
Posted in Monthly Reports
Molly Jeffs: Paris – February 2019

John Speak Février Après quelques semaines très calmes il me semble que le chaos recommence ! Lorsque les gilets jaunes n’ont pas jamais arrêté, les étudiants militants ont été silencieux avant maintenant. Mais aujourd’hui ils ont commencé à faire ‘le blocus’ étudiant encore une fois. Une scène de chaos et confusion,

Tagged with: , , , ,
Posted in Monthly Reports
Jo - Jan19 report Joseph Brazier: Israel – January 2019

بعد عطلة صغيرة بالبيت لعيد الميلاد المجيد رجعت عالشرق الأوسط، بس هلأ انا بإسرائيل. صارلي مشتاق لاردن كتير، بس لما وصلت عإسرائيل، حسيت كتير أحسن عكل شي – كل أصحابي الأردنيين ببعد مني تلات ساعة بسيارة هلأ، وبإسرائيل بقدر احسن عربيتي وعبريتي بنفس الوقت. لا لسا رجعت عالقدس بمكان الدرس

Tagged with: , , , , , ,
Posted in Monthly Reports
Waiting in line to do Hatsumode Megan Gouw: Japan – January 2019

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。 私は初めてクリスマスと年末年始をずっと日本で過ごした。両方ともイギリスと全く違った。 日本のクリスマスはもう一つのバレンタインデーみたいに、カップルの日だ。家族と過ごすよりも、恋人とデートに行く(特にイルミネーションを見に行くのは人気がある)のは普通とされている。 イギリスではクリスマスといえば、プレゼントや食べ物だろう。 日本にもすこしプレゼントを交換する文化はある。ホストファミリーの子供たちは2つ・3つぐらいもらった。恋人もプレゼントを交換するみたい。でも、イギリスのように大人に一番お金かかる時ではない。 食べ物も似ているがなんか違う。例えば、重くて、アルコールが入っているフルーツケーキじゃなくて、日本のクリスマスケーキは、軽くて、ホイップクリームをかけたイチゴスポンジケーキ。または、ロースト七面鳥じゃなくて、KFC (ケンタッキー・フライド・チキン)を食べる。特別クリスマスバレルなどを出す、予約もできる、買うために並ばないとダメな場合もあるらしい。これは、70年代のCMの大成功で、日本ではクリスマスといえばKFCのフライドチキンになった。 12月31日に新年を迎えるため、夜中まで寝ないで待つのはどこでも同じはずだ。確かに日本も、イギリスもそう。 その待っている時間に、日本人はよく紅白歌合戦やダウンタウンのガキの使いやあらへんで!を見るらしい。私たちはダウンタウンのガキの使いやあらへんで!という笑ってはいけないスタイル番組を中心にして、CMの時に紅白歌合戦という音楽番組やSASUKE(忍者Warrior)という番組を見ていた。 笑ってはいけないは面白かったが、信じられないぐらい変だった。5人のお笑い芸人が主人公で、笑ったら忍者が走ってきて、笑った人のおしりを00と殴る。その芸人たちを笑わせるために、いろな有名人がいらっしゃったり、変なことが起こったりされた。例えば、電撃綱引きとか、スキット、コスプレ、水に浸っているうちに生卵を食べるなどなど。 零時になったら、みんなに「明けましておめでとうございます」と「今年もよろしくお願いします」を言って、初詣をするために神社に行った。 初詣というのは年のはじめて神社やお寺に行って祈ることだ。私たちは、家の近く結構小さい神社に行った。それでも、人は並んでいて、待つしかなかった。祈ったら、小さいベルがついている「初詣やった」という意味のお守りみたいなものをもらって、飲み物とみかん2個と、お酒ももらった。 1月1日から3日ぐらいまで日本では福袋が売られている。服の福袋は普通に8000円からするが、入っているものは3万円(以上)ぐらい。だから、入っているものが好きだったら、すっごく安くていい。でも、買う時に何が入っているかどうかは知らない。私はWEGOというブランドの福袋を買ってみた。結構ラッキーなことで、入っていたものはほぼ全部好きだった。気に入らなかった2つ小さいかばんをホストファミリーの子供に上げた。4歳の子がすごっく気に入ったから。ものすごく可愛くて、お正月のときにどこに行っても必ずそのかばんを持っていた。 日本にはクリスマスよりお正月に大人が子供にお金を使う。それはお年玉という子供にお金のプレゼントを上げる文化はあるから。お正月に子供と会うなら、家族や両親の友達など大人は必ず封筒に入っているお年玉を子供に上げる。一つ封筒に千円以上入っているので、家族や両親の知り合いが広ければ(や優しければ)、子供はたくさんもらえるから、毎年楽しみにしているらしい。 お正月ならではの食べ物もある。お節料理。日本人の友達と話してて、食べたことがない、あんまり食べない、友達もいた。でも、1月1日にお節料理を食べるのは伝統的だ。お節料理で、色なものがあるで、全部が意味を持つ。詳しくないが、聞いたのはほぼ全部『長く生きられるように」みたいな意味だった。それで、ヘルシーなものが多い。たことか、たまごとか、黒豆とか、えびとか。そして、もちが入っているスープも食べた。全部美味しかった!意味があることも面白くて、もうちょっと調べてみたい。 Happy New Year! I spent Christmas and new years in Japan for the first time this year. Both were celebrated completely differently from back home. Christmas in Japan is, similar to another valentine’s day, a

Posted in Monthly Reports
Neda dreams of becoming a director, and needs help with funding to get started Emma Scolding: Egypt, January 2019

نظام الجمعيات في مصر: ما الذي يمكن أن يتعلمه المستثمرون من المجتمع «صوّري انك محتاجة تشتري لابتوب بـ ٨٠٠ جنيه (ج) بس مش معاكي فلوس تكفيه في الوقت ده، طب انتي ممكن تجمعي ناس صوحابك، خلينا نقول ٧ افراد غيرك انتي، و هتلمّي ١٠٠ج من كل واحد. كده هيبقى عندك

Tagged with: , , , ,
Posted in Monthly Reports
Snowy Darmstadt Snow and University: Jonathan Saad, Germany – January 2019

Willkommen bei meinem ersten Bericht im Jahr 2019 und obwohl der Weihnachtsmarkt jetzt nicht mehr in Darmstadt ist, hat es jetzt endlich geschneit! Ich würde in diesem Bericht aber gerne über etwas anderes schreiben. Von meinen bisherigen Berichten, könnte man denken, dass ich in Deutschland überhaupt nicht studiere! Die Prüfungsphase

Tagged with: , ,
Posted in Monthly Reports
Make a donation
Story Categories